食物繊維には2種類あります

食物繊維には2種類ありますので、憶えておきましょう。
健康でいるためには腸の働きを良くする必要があります。
便秘でいると様々な病気になるリスクも高くなり、また美容にも良くありません。
腸の働きを良くするためには食物繊維を多く摂ることが大事です。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。
水溶性食物繊維にはごぼう、にんじん、オクラ、などの野菜や豆や芋類海藻類に多く含まれています。
主な働きには、ブドウ糖の吸収を遅らせて血糖値の上昇を防ぐため糖尿病の予防になったり、コレステロールの吸収を抑えるため動脈硬化の予防にもなります。
不溶性食物繊維にはモロヘイヤ、サツマイモ、かぼちゃ、栗などがあります。
主な働きには、保水性があるので水分で便が膨らむため排便を促し有害物質を排出する働きがあります。
そのため痔の予防やデトックス効果があります。
水溶性・不溶性食物繊維の理想的なバランスは2:1と言われています。
健康でいるためにはやはり食事には気をかけて適度な運動が必要ですね。